ネットのトラブルは法律相談で解決しよう

インターネットのトラブルを解決することは、近年では円滑な生活をするために不可欠なものになっています。これは個人だけではなく企業などでも同じで、ネットの誹謗中傷や風評被害に関する対策をきちんと行わないと後で取り返しのつかないことになりかねません。実際に、ネットのトラブルを自身の力だけで解決することは非常に困難で行動を起こしたとしても全く状況が改善されないことがほとんどです。なぜかというと、そもそもネットの書き込みに対する法的な制裁措置がほとんど存在しないからです。

本来、法に反する行為を行えば犯罪行為として警察が扱う刑事事件になりますがネットの書き込みに関しては相手を逮捕するための規定が存在しないため、風評被害や誹謗中傷の書き込みの削除を依頼しても根本的な解決にはならないのです。では、こうした書き込みは泣き寝入りしなくてはいけないのでしょうか。そうではなく、法律相談によって問題の書き込みをした人物に制裁を与えることが可能です。基本的に、刑事の案件で問うことができない問題に関しては法律相談によって弁護士から民事上の責任を取らせる方法に転換しなくてはいけません。

具体的には、書き込みを行った人物を特定してその人物に対して慰謝料請求を行います。相手を特定するための方法には情報開示の請求が存在しますので、これをうまく利用すれば風評被害や誹謗中傷で被害が出たときに相手に対して法律的に責任を取らせることができるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です